メキシコひとり旅~ケレタロ【カレンダー博物館】

メキシコケレタロ

 

こんにちは、ヒメです。

 

ケレタロ、都会ですね。

メキシコシティやグアナファトからも近いので、観光されるかた多いのかな。

 

観光名所も沢山あると思いますが、名所とされる場所は大体訪れていたので、今回は行ったことのなかった場所を探して観光しました。

 

私の「よかった♪」という場所は万人受けしないとは思いつつも、素敵な場所だったのでシェアしたいと思います。

 

 

ケレタロ観光~カレンダー博物館

 

【MUSEO DEL CALENDARIO】その名の通り、カレンダー博物館です(笑)

 

これはもう、興味のない方には全くもってつまらない、訪れることのない観光スポットのひとつになりえる場所かと思います(;´・ω・)

 

カレンダーの歴史を知ることができ、メキシコの歴代のカレンダーが展示してあります。

 

ケレタロ・カレンダー博物館

 

特にカレンダーフリークなわけでも、家に大きなカレンダーを貼っているわけでもないのですが、その色使いを見ているだけでも、わくわくします。

 

 

カレンダー博物館のよいところ1

 

カレンダーに絵画ということで、言語がわからなくても楽しめるところです!

スペイン語が分からなくても大丈夫。

 

カレンダーの移り変わりから、メキシコの歴史や文化にも触れることができます。

 

↓カレンダーだけではなくて、カレンダー用の絵を描いている作家の方々の、絵画単体の展示もあります。

ケレタロ・カレンダー博物館

 

この色使いがなんともメキシコらしい。

 

色って面白いですよね、その国々で、同じ赤ひとつとっても、使われる色味、好まれる色味が全く違う。

 

色の組み合わせにしてもそうですよね、日本絵画や歌舞伎などを観に行くと、その色使い、色の組み合わせ方だけで、日本らしいな~と感じることがありますもんね。

 

 

カレンダー博物館のよいところ2

 

観光につかれたらホッと一息できるカフェも併設。

 

コンパクトな博物館でありながら、パティオはもちろんのこと、大きなお庭があり、そのお庭でお茶できます。

 

ケレタロ・カレンダー博物館

こちらに来る直前、カフェにて十分コーヒーを堪能しており、、、こんな素敵な空間でお茶できるなんて知らなかったので、残念。

 

私は、外(テラスとか、こういったお庭とか、ビーチフロントとか)で食事をしたり、お茶をするのが大好きなので、事前に知っていたら、こちらでゆっくりお茶したかったです。

 

 

カレンダー博物館のよいところ3

 

3つ目のポイントは、私の好きな「人がいないor人の少ない空間」であること。

 

ゆっくり、展示されている作品などを観賞できるのはもちろんのこと、建物含め、全体的に穏やかでピースフルな空間なのです。

 

 

↓屋上も、ちょっと一休みしたいな~と思えるスペースです。

ケレタロ・カレンダー博物館

 

ただし、時間帯と天候により、ですよね(笑)

 

この時は、あのジリジリ強烈な日差しと風でひと休みできず、それでも気持ちよかったです。

 

屋上から見下ろしてみるパティオも素敵です。

 

↓そして、もちろんトイレもあります。

ケレタロ・カレンダー博物館

あえてトイレ情報?ですが、これ結構重要だったりします。

こういったことも含め、街歩きや観光のプランを立てるのもいいかなと思いました。

 

 

■MUCAL(カレンダー博物館)
開館時間:火曜日~日曜日 10:00-18:00
URL: http://mucal.mx/

 

 

 

関連記事一覧

  1. チフロンの滝
  2. バンコク国立博物館
  3. オアハカテキスタイル博物館
  4. ペルー国立考古学・人類学・歴史博物館(MNAAHP)
  5. メキシコtelcelショップ
  6. グアナファト散歩
PAGE TOP