ペルー・リマの観光はメトロポリターノとタクシーでらくらく移動

metropolitano

 

こんにちは、ヒメです。

今回のリマの旅では、日本の路面電車のような専用ゾーンを走るバス【Metropolitanoメトロポリターノ】を、市内観光&街歩きにフル活用しました。

主要な場所へは、このメトロポリターノと徒歩で十分カバーできます。

数日の滞在なら割り切って、この範囲だけで観光を楽しむのありかなと思います。

 

ということで、超・便利な【Metropolitanoメトロポリターノ】、それからタクシーのことをメモしておきますφ(..)。

 

【Metropolitanoメトロポリターノ】

説明不要で使いこなすことができる公共交通機関【Metropolitanoメトロポリターノ】

日本の地下鉄で鍛えられていれば簡単、迷わないです。

バスと違い、ちゃんと車内アナウンスもあるし、電光掲示板には駅名も出ます。

間違えて乗ってしまったり、乗り越してしまっても心配ありません。

普通のバス、コンビやミクロと違い「ここはどこ?」のような状態になりません。

おもしろいな~と思った出来事は、ペルー人に「~へ行くのはこっちでいいの?」「チャージってどうやるの?」とかしょっちゅう聞かれたこと。

完全なる観光者の私に聞いてくるって、おもしろいですよね、な~って興味深い出来事でした(笑)聞く相手を選ばないのね。

 

【Metropolitanoメトロポリターノ】

チケットは、日本のSuicaやパスモと同じようなシステムで、最初にカードs/5を購入し、チャージして使います(1乗車s/2.5)。

駅に係の人がいるので、わからなければきっとやってくれるハズ?

 

快適なはずが、、、

 

そんな、快適なメトロポリターノですが、夕方からのラッシュは東京の地下鉄なみに混んでいて(いやそれ以上)、乗れずに何本か見送ることもありました。

駅も朝夕は東京の通勤ラッシュのように混むので、チャージなどは空いているときにしたほうがいいですね。

それと、エアコンというステキなものはついていないので、夏のラッシュ時は移動手段の候補から外したくなる可能性大です。

 

タクシー

ボラれるのを覚悟で利用したのに、その期待を見事に裏切られ快適に使いまくりました。

本当は、コンビとミクロもフルで使いこなせればさらに行動範囲は広がるけれど、数日の滞在で使いこなすのは難しいですよね。

2回だけミクロを使ったけど、それ以外はすべてタクシーを利用しました。

なぜなら、本当にお手軽で便利だったからです。

ペルーのタクシーは日本のようにタクシーメーターがついていないので、タクシーを止めたら、まず乗らずに行先を告げて、いくらか聞いてから乗ります。

大体の目安の範囲内で、夜は多少高くてもいいかなと思ってたけど予想に反し、本当に良心的なタクシーばかりでした(たまたまなのかな?)。

想定内より安いことはあっても高いことはなかったです(高すぎると感じたら乗らずに次を探せばよいです)。

日本にくらべると決してきれいではないタクシーだけど、音楽がかかっていて一緒に歌を歌ったり、途中車から食べ物を買って普通に食べはじめたり、そんなタクシー文化を知るのも旅の楽しみですよね。

メトロポリターノで移動できる場所も、ラッシュ時や夜はついついタクシーを利用していました。

 

ほぼ使わなかったコンビとミクロ。

コンビとミクロというのは、バン・ワゴン車を利用した乗り合いバスみたいなやつですね。

これを使いこなせると、町中たいていの場所へ自由に移動できるのではないかな。

でも土地勘も必要だし、普通のバスと違って、行きと帰りが違うルートなこともあり、一日でマスターするのは難しいです。

ただ、中南米とか他の国でこの手のバスを利用して慣れていれば、勘でいけると思います。

 

観光メモφ(..)

挑戦する楽しみもあるけれど、無理せずメトロポリターノとタクシーの2つでも十分観光を満喫できます。

メトロポリターノとタクシー、そして徒歩でリマの市内観光は十分楽しめます。

【Metropolitanoメトロポリターノ】のHPに、路線図やカードの購入の仕方など載っています。
スペイン語ですが、なんとなく理解できます。

http://www.metropolitano.gob.pe/

関連記事一覧

  1. ペルー料理
  2. セントロ-・リマ
  3. サンクリストバルの丘
  4. バンコクトゥクトゥクツアー
  5. オアハカビーチバス
  6. メキシコ両替
PAGE TOP