ひとり旅の街歩き~【MATE】マリオテスティーノ美術館【ペルー・リマ】

【MATE】マリオテスティーノ美術館

 

こんにちは、ヒメです。

 

ペルーリマの旅では専用ゾーンを走る公共交通機関のバス、メトロポリターノMetropolitanoを便利に使いまくりました。

 

タクシーも安く便利なので結構使いましたが、メトロポリターノMetropolitanoのおかげでかなりフットワーク軽く出かけることができたと思います。

 

これが走っていなかったら、わざわざここへは来なかったかもな、という場所【MATE】マリオテスティーノ美術館をシェアします。

 

MATE Museo Mario Testino

 

ちょっと見たいとは思っていたけど、わざわざ時間を作ってという感じでもなかった美術館。

でも、散歩のついで(失礼ですね)ならば話は別です。

おしゃれなBarrancoバランコ地区にある【MATE】、美術館というよりはギャラリーといった趣です(写真だものね)。

 

Museo Mario Testino

マリオテスティーノはペルー出身の著名な写真家。
ヴォーグの表紙や編集長アナ・ウインターに密着したドキュメンタリー映画「ファッションが教えてくれること」にも出てきます。
名前は知らなくても雑誌などで、知らずのうちにその写真を目にしたことがきっとあるはず。

 

写真好きならば訪れたい

 

【マリオテスティーノ美術館】という名から、彼の作品だけなのかと思いきやそれだけではありませんでした。

とうのもこちらは、文化の育成と促進を通じてペルーに貢献することを目的に、2012年に彼が設立した非営利の施設だからなのですね。

 

【MATE】マリオテスティーノ美術館

 

19世紀に建てられた美しいタウンハウスを修復した建物を利用し、マリオ・テスティーノの作品を常設展示するとともに、国際的なコンテンポラリーアートや写真なども展示されています。

美しい邸宅のようなギャラリーに、カラフルな、時にモノクロの作品が一層引き立っているように感じました。

まだ新しい施設なので、この後もっといい感じに変化していくのではないかなと予想。
美術館とはいえ、小さいので1時間あれば十分観賞できるので、立ち寄りやすいと思います。

 

観光メモφ(..)

こじんまりとした洋館で、美しい写真を特大サイズで鑑賞、ゆっくり写真世界に浸れます。

お隣には【Museo Pedro de Osma】があり、合わせて訪れるのもいいと思います。

興味があると楽しめる場所。

 

■【MATE】マリオテスティーノ美術館
開館時間:月曜日~日曜日 10:00-19:00
入館料:10ソル(S/ 10.00)
URL:https://www.mariotestino.com/

 

バランコからミラフローレスまで散策

 

午前中のバランコは本当に静か、というよりゴーストタウンのごとくシ~ンとしていて、夜の印象とは全く違いました。

そんな静かなバランコをのんびり歩き、ミラフローレスへ。

ペルー・バランコ地区

景色のいいポイントも沢山あって、十分に散歩を楽しみました。

散策って、季節によっても印象が変わりますよね。

夏だったらもっと鮮やかな景色になると思うのだけれど、夏前の曇り空なグレーな感じもまたリマっぽいなと思います。

 

関連記事一覧

  1. オアハカテキスタイル博物館
  2. サンティアゴ・アポヤラ
  3. グアナファト散歩
  4. バンコクトゥクトゥクツアー
  5. 国際バロック美術館【メキシコ・プエブラ】
  6. Circuito Mágico del Agua
PAGE TOP